Paul Mahoux  (ポール マウ)

1964年仏フランスのパリ生まれ。
独習者としてギターをプレイする
長年後に、Paul Mahoux 1985年に
Denis Lamboley (G.I.T.
LosAngeles) とギターを研究し始
めました。1987年には、パリの
American School Of Modern Music
(Boston のBerklee音楽院の
Steve Carbonara 学校管理者) を
卒業させまして,そこでJazzの和
声と編曲を勉強しました。
Charles Raynal (Berklee, M.I.T.)
先生と音楽についての知識を完成
しまして,彼に音と音楽の多くの
様々な面、シンセサイザー、ミュ
ジックコンクレート、フィルムと
コマーシャル用音楽、および環境
お問い合わせにはこちらのメールアドレスご利用下さい



ありがとうございます
もしこのサイトで聞いた音楽が
気に入ってコメントを書きたいだったら,
どうぞ  ^_^ こちらでお願い致します:

     
:::                                          :::
として音に気づいている方法を理解する方法を教えていただきました。
その後、Paul Mahoux は、テレビ・ドキュメンタリー映画およびラジオのBGM、およ
び国立Radio Franceを含むフィクションのための
構成者として働きました。
この時代に始めてのシンセサイザー,サンプラー,パソコンを買って,ギターより
キーボードの方がたくさん弾いていました。
1990年代から、彼はパリでTechno, House, Ambient と言う電子音楽において活動的に
なりまして,アメリカとフランスのラベル
(Guidance,Omnisonus, Fairway) からアンビエントとテクノトラックをリリースしまし
た。さらに,大きいなHouse Music イベント
で パーカッショニストManu Lokoleと有名なDJ (Derrick May, Alton Miller) とギター
の即興で演奏しました。
同時に、彼はギタリストとしてアフリカのAfrobeatやHighlifeのバンドに参加しまし
た。
1999年にPaul Mahouxはafro american女性歌手EkayaniのためでNew York Cityに引っ越
しまして,solo
live looping のライブを始めました。
NYCで沖縄人の奥さんに出会いまして,2002年に沖縄に定住しました。
沖縄でPaul Mahouxはその活動を持っています:

-"Peace Music Festival", "The Bus" などのようなイベントで,色々なビーチ
パーティ,喜納 昌吉の”チャクラ”,"Club Mnd", "火の玉ホール",
"Groove", "Mafali", "Unity" のようなクラブでソロギター(時々ノートパソコン
で又はDJ set) の演奏 。
- 沖縄の芸術家との時々のコラボ。
-海外のラベルのために自分の音楽のトラックを作り。
- ギター教室。
- DTM 教室。
:::   音楽  :::